Sanyo Elementaryu School Web SIte

学区の概要

 学区は東西が山地で,中央を南北に流れる砂川を中心に小平野が広がっている。学区内には前方後円墳の両宮山古墳などの古墳が点在し,旧山 陽道沿いの国分寺跡 など 古代遺跡が多い古くから開けたところである。
 主要産業は農業で,平野部での米を中心に,傾斜地では桃,柿等の果樹栽培の盛んな純農村であった。しかし昭和40年代以降の県営団地,ネ オポリス両団地造成による人口の急増で学校付近では大型量販店等が進出して都市化現象が著しい。交通の要衝として山陽自動車道のインターチェンジ があり,交通網が整備されて交通量も著しく増加している。本学校区は両団地以外の旧山陽町全域にまたがるかつての農村地域であるが,学区内の小団 地の造成や兼業農家・共働家庭の増加等により,人々の意識も多様化してきている。しかしながら,学区の人々の教育への関心はとても高く,学校教育 への期待も大きい。
 平成30年5月1日現在,児童数は347名,学級数15,教職員数は36名の規模である。


大きな地図で見る

沿革

昭和 45年  4月 高月・高陽・西山の三小学校名目統合,山陽町立山陽小学校(高月校舎・高陽校舎・西山校 舎)と改称
47年  4月 赤磐郡山陽町上市123番地に,山陽町立山陽小学校として実質統合
12月 体育館竣工
48年  8月 二階棟東側に4教室増築
53年  3月 東三階棟12教室増築
54年 10月 総合遊具完成
平成  3年  9月 第1期大規模改造工事
 4年  9月 第2期大規模改造工事
 8年 11月 パソコン教室設置
10年  8月 屋上・東校舎外壁改修工事
17年  3月 赤磐市誕生に伴い,赤磐市立山陽小学校と改称
18年  8月 体育館耐震工事
20年  8月 パソコン更新
  26年  8月  運動場北フェンス工事
   27年 3月   南運動場総合遊具改築
  30年 予定   非構造部材耐震化工事 東館屋上防水工事 エアコン設置工事

学校教育目標

山陽の地を誇りに思い、心豊かにたくましく生きる児童を育てる

めざす児童像と指導の重点

  • ○考える子・・・・・・主体的に学ぼうとする子どもを育てる
  • ○やさしい子・・・・自他ともに大切にする子どもを育てる
  • ○元気な子・・・・・・明るくたくましい子どもを育てる

学校経営方針

【自己肯定感を育て、主体的に学び、たくましく生きる児童にする】

○自ら目標を掲げ、主体的に学ぶ児童を育てます
  • ・体験的活動を大切にし、授業を通して自ら習得・活用・追求できる児童にする。
  • ・自主学習を通して、学ぶ意欲と学びの質を高める。
○明るく元気に、たくましく活動できる児童を育てます
  • ・話し合い活動を充実させ、児童自らが目標を設定し、役割・期待・承認のサイクルを位置づけた特別活動を行う。
  • ・凡事徹底(チャイム席、あいさつ、靴そろえ、黙労、早寝・早起き・朝ごはん、しっかり運動、メディアに対するセルフコントロール)を推進し、児童のセルフコントロール力を高める。 
○特別支援教育・人権教育に積極的に取り組みます。
  • ・特別な支援を必要とする児童が学びやすい教育を創る。 
  • ・日常の人権感覚を磨き、道徳教育・人権教育の視点から人間関係づくりに取り組む。
○信頼され、親しまれる学校にします。
  • ・保護者・地域の学校支援ボランティアの拡充や地域や関係機関との情報・行動連携により学校生活を豊かにする。・ホームページ、学校だより、学年・学級通信、新聞などにより学校の取組を情報発信し、説明責任を果たす。 
○教師力と同僚性を高める教職員集団となります
  • ・教職員自ら笑顔で元気に勤務する。
  • ・自ら課題をつかみ、自己研鑽の上に解決に向けて創意工夫・企画できる教職員となる。
  • ・危機管理を徹底し、協力して迅速に対応できる教職員組織を作る。